お知らせ

お知らせ

事例検討会のお知らせ(11/30)「御荘視察報告~地域づくりとは何か?~」

平成30年11月の事例検討会について、ご案内いたします。

 

事例検討会は支援技術の向上や人材育成、他機関・他事業所との交流やネットワーク作りなどを目的とし、

精神保健・福祉業務に携わるスタッフを対象に開催しております。

 

今回のお知らせは以下の通りです。

日時  : 平成30 年11 月30 日(金) 19 時~21 時

会場  : 立川市女性総合センター「アイム」5F 第3学習室 (立川市曙町2-36-2)

 

テーマ : 「御荘視察報告~地域づくりとは何か?~」

 

コーディネーター :

(株)円グループ 寺田 悦子 氏

 

話題提供 :

陽和病院 服部 正康 氏

多摩在宅支援センター円 中嶋 康子 氏

訪問看護ステーション卵 都築 歩美 氏 ・ 濵田 誠士 氏

グループホーム櫻の杜ハウス 石井 保孝 氏

リカバリーセンター転 田中 文人 氏

 

事例紹介 :

9月末に愛媛県愛南町にある御荘診療所に視察に行ってきました。
御荘病院はH8 年から緩やかに地域移行を行い病床149 床から「0」にしています。
そこで実際に行われている地域づくりや医療・福祉の話を聞き現場を見て交流を図ってきました。
ただ報告するだけでなく、シンポジウム形式で皆さまとも意見交換をしていけたらと思います。

 

今回の事例検討会のチラシはこちら

 

当日は、資料代として300円をいただいております。

また、事例検討会終了後に懇親会を予定しております。

領収書が必要な場合や懇親会へご参加いただける方はお申し込み時にお知らせください。

(複数名でご参加の場合、領収書の発行を事業所で1通か個別かもお申し込み時にお知らせください。)

参加をご希望される方は、所属とお名前を明記の上、下記アドレスよりメールにてお申し込みください。

jireiken@zaitakuen.or.jp

 

みなさまの参加をお待ちしております。

 

2018年11月1日(木)13:18 | 事例検討会

このページの先頭へ戻る

事例検討会のお知らせ(9/14)「障害児の計画相談を通して家族の支援について」

平成30年9月の事例検討会について、ご案内いたします。

 

事例検討会は支援技術の向上や人材育成、他機関・他事業所との交流やネットワーク作りなどを目的とし、

精神保健・福祉業務に携わるスタッフを対象に開催しております。

 

今月のお知らせは以下の通りです。

日時  : 平成30 年9月14日(金) 19時~21時

会場  : 立川市女性総合センター「アイム」5F 第2学習室 (立川市曙町2-36-2)

 

テーマ : 「障害児の計画相談を通して家族の支援について」

 

事例提供 :

株式会社  円グループ

相談支援事業所  暖 相談支援専門員 飯田  絵里  氏 および 山田 克美 氏

 

事例紹介 :

福祉サービスを利用する障害児のご家族との関係作りを通し、親子が満足できるサービス利用のための

コーディネートについて、考えたいと思います。

 

今回の事例検討会のチラシはこちら

 

当日は、資料代として300円をいただいております。

また、事例検討会終了後に懇親会を予定しております。

領収書が必要な場合や懇親会へご参加いただける方はお申し込み時にお知らせください。

(複数名でご参加の場合、領収書の発行を事業所で1通か個別かもお申し込み時にお知らせください。)

参加をご希望される方は、所属とお名前を明記の上、下記アドレスよりメールにてお申し込みください。

jireiken@zaitakuen.or.jp

 

みなさまの参加をお待ちしております。

 

障害児の計画相談を通して家族の支援について

2018年8月24日(金)18:00 | 事例検討会

このページの先頭へ戻る

事例検討会のお知らせ(7/20) 「本人と家族の狭間に立って」

平成30年7月の事例検討会について、ご案内いたします。

 

事例検討会は支援技術の向上や人材育成、他機関・他事業所との交流やネットワーク作りなどを目的とし、

精神保健・福祉業務に携わるスタッフを対象に開催しております。

 

今月のお知らせは以下の通りです。

日時  : 平成30 年7 月20 日(金) 19時~21時

会場  : 立川市女性総合センター「アイム」5F 第2学習室 (立川市曙町2-36-2)

 

テーマ : 「本人と家族の狭間に立って」

 

事例提供 :

NPO法人 多摩在宅支援センター円

訪問看護ステーション元  看護師 福桝 直子 氏

 

事例紹介 :

様々な支援サービスの受け入れを家族が拒否したケースについて、

訪問看護ステーション元の福桝氏に発表していただきます。

 

 

今回の事例検討会のチラシはこちら

 

当日は、資料代として300円をいただいております。

また、事例検討会終了後に懇親会を予定しております。

領収書が必要な場合や懇親会へご参加いただける方はお申し込み時にお知らせください。

(複数名でご参加の場合、領収書の発行を事業所で1通か個別かもお申し込み時にお知らせください。)

参加をご希望される方は、所属とお名前を明記の上、下記アドレスよりメールにてお申し込みください。

jireiken@zaitakuen.or.jp


みなさまの参加をお待ちしております。

2018年6月27日(水)19:28 | 事例検討会

このページの先頭へ戻る

事例検討会のお知らせ(5/11)普遍的精神状況可視化シート~絶好調シート~

平成30年5月の事例検討会について、ご案内いたします。

 

事例検討会は支援技術の向上や人材育成、他機関・他事業所との交流やネットワーク作りなどを目的とし、

精神保健・福祉業務に携わるスタッフを対象に開催しております。

 

今月のお知らせは以下の通りです。

 

日時  : 平成30年5月11日(金) 19時~21時

会場  : 立川市女性総合センター「アイム」5F 第3学習室 (立川市曙町2-36-2)

 

テーマ : 普遍的精神状況可視化シート~絶好調シート~

 

事例提供 :

聖路加国際大学大学院博士前期(修士)課程 看護学研究科精神看護学修士論文コース  松井 芽衣子 氏

訪問看護ユーザー  名井 氏

 

事例紹介 :

訪問看護を利用しながら地域での生活を5年以上継続している名井氏。

昨年10月、絶好調シート(のちに命名)を発案しました。

訪問看護師(・訪問看護実習生)とともに取り組む、作成・使用・改訂の内容をご紹介します。名井さんは、以前訪問看護の同行支援を行った経験があります。

訪問看護の利用者訪問同行支援、両方の視点を持ち合わせた名井さんならではのお話をして頂きます。

 

今回の事例検討会のチラシはこちら

 

当日は、資料代として300円をいただいております。

また、事例検討会終了後に懇親会を予定しております。

領収書が必要な場合や懇親会へご参加いただける方はお申し込み時にお知らせください。

(複数名でご参加の場合、領収書の発行を事業所で1通か個別かもお申し込み時にお知らせください。)

 

参加をご希望される方は、所属とお名前を明記の上、下記アドレスよりメールにてお申し込みください。

jireiken@zaitakuen.or.jp

 

みなさまの参加をお待ちしております。

 

2018年4月18日(水)10:38 | 事例検討会

このページの先頭へ戻る

「精神障がいのある親とその子どもの支援に関する学習会」のお知らせ(5/12)

 

参加ご希望の方は、電話、またはFAXにてお申込みください。

締切は4/27(金)までとなっております。

本紙の印刷する場合は、こちら

 

●お申込み・お問い合わせ先

株式会社 円グループ

〒190-0011

東京都立川市高松町1-17-20 粕谷ビル2階

TEL042-548-3562

FAX042-540-6552

担当 : 上野・井原 まで

 

当学習会の内容・場所(地図)等の詳細については、こちらをご確認ください。

2018年3月23日(金)17:31 | お知らせ

このページの先頭へ戻る

事例検討会のお知らせ(3/9) 「ルポ精神病棟」から「精神保健法」まで

平成30年3月の事例検討会について、ご案内いたします。

 

事例検討会は支援技術の向上や人材育成、他機関・他事業所との交流やネットワーク作りなどを目的とし、

精神保健・福祉業務に携わるスタッフを対象に開催しております。

 

今月のお知らせは以下の通りです。

 

日時 : 平成30年3月9日(金) 19時~21時

会場 : 立川市女性総合センター「アイム」5F 作業室 (立川市曙町2-36-2)

 

テーマ  :

「ルポ精神病棟」から「精神保健法」まで

 

事例提供 :

訪問看護ステーション 珊  鈴木 和美 氏

 

事例紹介 :

呉秀三氏の名言から100 年。

精神障害者の二重の不幸は解決したのでしょうか。

「ルポ精神病棟」で精神病院の中が、市民社会に明らかにされました。

その後、宇都宮病院事件等を経て、日本の収容新型精神医療の在り方が内外から厳しく問われた。

精神病院で働く医療従事者の責任も問われ、その結果、精神衛生法から精神保健法に法律が変わり、

日本の精神医療は変わったのか、変わらないのか、振り返ってみたい。

 

今回の事例検討会のチラシはこちら

 

 

当日は、資料代として300円をいただいております。

また、事例検討会終了後に懇親会を予定しております。

領収書が必要な場合や懇親会へご参加いただける方はお申し込み時にお知らせください。

(複数名でご参加の場合、領収書の発行を事業所で1通か個別かもお申し込み時にお知らせください。)

 

 

参加をご希望される方は、所属とお名前を明記の上、下記アドレスよりメールにてお申し込みください。

 

jireiken@zaitakuen.or.jp

 

 

みなさまのご参加をお待ちしています。

 

2018年2月22日(木)18:37 | 事例検討会

このページの先頭へ戻る

事例検討会のお知らせ(1/19) 「ピアサポートグループが地域活動支援センター内にあることの意味ともたらす効果」について

平成30年1月の事例検討会について、ご案内いたします。

 

事例検討会は支援技術の向上や人材育成、他機関・他事業所との交流やネットワーク作りなどを目的とし、

精神保健・福祉業務に携わるスタッフを対象に、奇数月の第3金曜日に開催しております。

 

今月のお知らせは以下の通りです。

 

日時 : 平成30年1月19日(金) 19時~21時

会場 : 立川市女性総合センター「アイム」5F 作業室 (立川市曙町2-36-2)

 

テーマ  :

「ピアサポートグループが地域活動支援センター内にあることの意味ともたらす効果」について


事例提供 :

地域活動支援センター連 R(連)P(ピアサポート)G(グループ)

盛  健一  氏、  田上  美香  氏、  鈴木  亜紗美  氏

 

事例紹介 :

昨年11月4日に長野県松本市で開催された第60回日本病院・地域精神医学会総会で発表した内容をより詳細に発表します。

ピアサポートグループが日頃どのような活動をしているのか、スタッフはどのように関わっているか等をお話します。

今回の事例検討会のチラシはこちら

 

当日は、資料代として300円をいただいております。

また、事例検討会終了後に懇親会を予定しております。

領収書が必要な場合や懇親会へご参加いただける方はお申し込み時にお知らせください。

(複数名でご参加の場合、領収書の発行を事業所で1通か個別かもお申し込み時にお知らせください。)

 

 

参加をご希望される方は、所属とお名前を明記の上、下記アドレスよりメールにてお申し込みください。

 

jireiken@zaitakuen.or.jp

 

 

みなさまのご参加をお待ちしています。

 

「ピアサポートグループが地域活動支援センター内に

あることの意味ともたらす効果」について

2018年1月5日(金)19:02 | 事例検討会

このページの先頭へ戻る

1/11(木)講演会のお知らせ 髙瀬Dr.による「地域における認知症のケアについて」

髙瀬Dr.にご登壇いただき、「地域における認知症のケアについて」を開催いたしますので、

詳細をご案内いたします。

 

▼ 講演名

「地域における認知症のケアについて」

 

大田区の訪問診療専門クリニックで、

「24時間365日」ご自宅で療養されている患者様とご家族を支援され、

私たちの地域の実践に役立つ内容のお話をしていただきます

 

 

▼ 日時

2018年1月11日(木)  18:30 ~ 20:30

 

▼ 場所

女性総合センター・アイム (1階ホール)

〒190-0012

東京都立川市曙町2-36-2 ファーレ立川センタースクエア内

< アクセス >

・ JR立川駅(北口)から徒歩7分

・ 多摩モノレール立川北駅から徒歩5分

 

▼ 演者ご紹介

医療法人社団 至髙会

在宅療養支援診療所 たかせクリニック

理事長・院長 髙瀬義昌

 

▼ 主催

株式会社 円グループ

および 当法人 (NPO法人 多摩在宅支援センター円)

 

 

 

詳細は以下の案内をご確認ください。

「地域における認知症のケアについて」 髙瀬Dr. のご案内 (PDF)

 

 

※お申込み方法

電子メール、またはFAXでお願いいたします。

FAX : 042-540-6552

E-Mail : en-kouen@en-group.co.jp

 

株式会社円グループ

〒190-0011

東京都立川市高松町1-17-20 粕谷ビル2階

担当: 上野・瀬崎まで

2017年12月1日(金)13:49 | お知らせ-講演会

このページの先頭へ戻る

事例検討会のお知らせ(11/17開催)

29年度11月の事例検討会について、ご案内いたします。

 

事例検討会は支援技術の向上や人材育成、他機関・他事業所との交流やネットワーク作りなどを目的とし、

精神保健・福祉業務に携わるスタッフを対象に、奇数月の第3金曜日に開催しております。

 

今月のお知らせは以下の通りです。

 

日時 : 平成29年11月17日(金) 19時~21時

会場 : 立川市女性総合センター「アイム」5F 第2学習室

(立川市曙町2-36-2)

 

テーマ  : 『服薬中断を訴えたケースに寄り添って』


事例提供 : 訪問看護ステーション音 作業療法士 大城 一夫

 

事例紹介 :

服薬自己中断から再燃・再入院を繰り返しているケースです。

現在は診察と訪問看護のみの支援体制です。
今回、再び服薬自己中断に至ったが、自ら服薬を再開され再入院を回避できたケースを発表します。

 

今回の事例検討会のチラシはこちら

 

当日は、資料代として300円をいただいております。

また、事例検討会終了後に懇親会を予定しております。

領収書が必要な場合や懇親会へご参加いただける方はお申し込み時にお知らせください。

(複数名でご参加の場合、領収書の発行を事業所で1通か個別かもお申し込み時にお知らせください。)

 

 

参加をご希望される方は、所属とお名前を明記の上、下記アドレスよりメールにてお申し込みください。

 

jireiken@zaitakuen.or.jp

 

 

みなさまのご参加をお待ちしています。

 

2017年11月9日(木)12:06 | 事例検討会

このページの先頭へ戻る

東京マル障の会主催の集会のお知らせ

東京マル障の会が主催する「精神障害者にもマル障を!! 11.16マル障実現都民集会」が開催されますので、ご案内いたします。

※マル障 : 心身障害者医療費助成制度のこと

 

▼ 集会内容

○ 基調講演  「精神障害者の人権とこれからの精神保健医療福祉」

長谷川利夫氏 (杏林大学教授、精神科医療の身体拘束を考える会代表)

○ 東京マル障の会 活動報告

○ 特別報告 「『精神疾患持つ人の余命20年以上短い』という研究報告について」

長門大介氏 (社会福祉法人巣立ち会理事)

○ 集会決議文 採択

○ 街頭パレード (午後3時より)  高田馬場駅付近までおよそ45分の街頭アピール

 


▼ 日時

2017年11月16日(木)  13:00~

 

▼ 場所

戸山サンライズ  (全国障害者総合福祉センター)

東京都新宿区戸山1-22-1

 

▼ 主催

東京マル障の会

○ 地域でくらすための東京ネットワーク

○ 東京都精神保健福祉家族会連合会  (東京つくし会)

 

 

詳細は以下の案内をご確認ください。

ご案内 「精神障害者にもマル障を!! 11.16マル障実現都民集会」

 

2017年10月12日(木)15:12 | お知らせ

このページの先頭へ戻る

1 / 3123

ご相談・お問い合わせ先 NPO法人 多摩在宅支援センター 円(えん)Tel.042-548-3562 Fax.042-540-6552